カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事+コメント


カテゴリ


リンク


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志Ⅷ
toutaku_kao 董卓 仲穎
「曹操。この董卓の片腕となれい!
 あるいは我が眼となり、天下を見るがよかろう」

-許昌-

「曹操が董卓に降った」

隻眼の男が言った。

kao_rikuson 許昌太守:飛伊 公伏
「…」

kakouton_kao 儀瑠 惇々
「曹操の兵だった4万の兵士と武将も全員董卓の軍に吸収されちまった
 許昌に攻めてくるのも時間の問題だな」

彼の役目は所謂密偵。
各々の都市を回り情報を集めたり、人材を発掘するのが仕事である。

儀瑠「隣の宛と洛陽にも続々と兵が集結してるみてぇだ。
    前もそうだが、またどえらい大軍が押し寄せてきそうだぜ」

飛伊「わかりました。
    では早急に手遂詩殿を呼んで軍備に取り掛かりましょう」

192年 7月
曹操、董卓に降る

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

DATE: CATEGORY:三国志Ⅷ
「報告いたします!!敵候成軍の援軍です!!
その数は4万を超える軍勢の模様です…その中には…りょ…呂の旗が…」

tyouryou_kao 防衛軍 参軍:響来 文遠
「呂布で間違いないだろう」

toushi_kao 防衛軍 総大将:納謹 群士
「僕達の倍はあるじゃないか。全然話が違うよー、あの人」

ryuusan_kao←あの人

191年1月。董卓は連合軍の一員である宛の袁術を討った。
そして休むまもなく次に飛伊軍の本拠地である許晶に攻め入ってきたのである。

「強行軍である董卓の軍勢に勢いはない。」
軍議の結果、最小限の兵力で迎撃することになった。

しかし董卓軍の力は予想をはるかに上回っていた。

先発隊である張繍軍を討ち取り、士気が上がっていた矢先に莫大な数の援軍。
兵士の戦意は無くなりつつあった…。

ryomou_kao 防衛軍:徐雲 進軒
「・・・篭城しかないだろう」

沈黙を破ったのは同じく防衛軍として出陣していた徐雲だった。
弓の技術なら飛伊軍一の腕の持ち主である。

徐雲「我が弓隊が時間を稼ごう。
    その隙に城に戻り篭城し、時間を稼ぐしかあるまい。」

納謹「でも城だってあんな大軍に攻められちゃひとたまりもないよ」

徐雲「やつらも袁術との戦いに疲れがある。兵糧も限界のはずだ。
    壁の上からありったけの矢を浴びせてやればそのうち撤退するだろう。」

191年 4月
飛伊軍2万2000。董卓軍5万9100。
決死の戦いが始まっていた。

以下
三国志8プレイ日記【2】「董卓の脅威」

続きを読む »

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

DATE: CATEGORY:三国志Ⅷ
「あらすじ」

時は後漢王朝第13代・小帝から 第14第・献帝の御世

何進に続き、十常侍も暗殺された。
その混乱のさなか招かれざる客が都に侵入した

涼州で起きていた反乱を鎮圧して
強大な軍事力を手に入れた董卓である

小帝を廃して、陳留王・劉協を皇帝に立てると宣言し
反対派の丁原を倒して廃位を強行した

必然のごとく、董卓の暴挙に対し、各地で反董卓の気運が高まった

同年12月、曹操は故郷の陳留に戻り
各地の諸侯に董卓打倒の号令する檄文を発した…

「 董卓 天を欺き地を晦まし
 君を弑し国を滅ぼす

 今 天子の密勅を奉じ
 大義の兵を大集し 群凶を誅滅せん

 檄文到らば 即日打ち立たれるべし!」

続きを読む »

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

DATE: CATEGORY:三国志Ⅷ
三国志Ⅷ企画 ~ちょっと中国統一してくる~
武将登録募集中!!

武将登録は締め切らせていただきました。

詳しくは続きから!

続きを読む »

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム


copyright © 2017 三国志大戦 だって呉民 ~in 和歌山~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
[template by hiroji]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。